サンスター健康道場 おいしい青汁・粉末青汁 レビュー

今回レビューするのは、総合5位の「サンスター健康道場」。
総合5位の実力はどれほどのものなのか、味や効果などについて実際に管理人自ら「サンスター健康道場」の青汁を購入してレビューしました。

レビュー サンスター健康道場には2種類の青汁があります

サンスター健康道場2つの青汁

サンスター健康道場にはすぐ飲める缶タイプの「おいしい青汁」と、水に溶かして飲むタイプの「粉末青汁」があります。

今回のレビューではこの2種類の青汁を比較しながら飲んでいこうと思います。


美味しい青汁 原材料・成分

おいしい青汁 原材料:
ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、りんご、レモン、クチナシ色素
おいしい青汁 主な成分:
たんぱく質1.0g、食物繊維1.2g、カリウム280mg、ビタミンK54μg

粉末にしなくていいので、他の青汁には無いフルーツを入れられるのが「おいしい青汁」の強みですね。


粉末青汁 原材料・成分

粉末青汁 原材料:
ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ
粉末青汁 主な成分:
たんぱく質1.5~3.5g、食物繊維3.6g、カリウム250mg、ビタミンK180μg

たった5種類の野菜しか使っていませんが、10gと大容量なので栄養成分は「美味しい青汁」よりも多いですね。


美味しい青汁

こちらが缶タイプの「おいしい青汁」をコップにあけたところ。

写真ではわかりにくいですが野菜ピューレが入っているので、飲んでみるとすりおろしたりんごを飲んでいるような食感です。
味に関しては通常の青汁には無い味で、レモンの酸味が効いているグリーンスムージーのような味ですね。


粉末青汁

こちらが粉末タイプの「粉末青汁」をシェイカーで水に溶かしたところ。

10gと通常の青汁の2.5~3倍以上の量ですが、スッと溶けるので、粉っぽいのが苦手な方でも大丈夫です。
味的にはほぼ考慮されていなので、ザ・青汁という味がしますから、青汁の味が苦手というかたにはちょっと厳しい味ですかね。


粉末青汁 比較

ちなみに、こちらの写真はサンスターの粉末青汁と他の青汁(3g)を比較したもの。

サンスターの青汁の量の多さが良く分かると思いますが、量が多いということは、それだけ栄養も多いということなので、嬉しいですね。


サンスター健康道場の青汁2種を飲み比べてみて感じたのは、缶タイプの「おいしい青汁」の飲みやすさと手軽さ。
そして粉末青汁の溶けやすさです。

美味しい青汁については青汁というよりスムージーに近いので、不溶性の食物繊維など、粉末青汁では摂取出来ない栄養が摂れるほか、粉末にしにくい野菜、溶けにくい野菜も関係なく取り入れることができるので、小さいお子様からお年寄りまで万人向けの青汁だと言えます。
一方の粉末青汁は野菜を5種類だけ使った青汁ということで、特に味を調整していないため、青汁初心者の方にはちょっと飲みにくさを感じてしまうかもしれません。
しかし、味の濃いジュースに溶かすなどの工夫をすれば味を気にせず飲めるようになりますし、栄養は美味しい青汁よりも多めなので、青汁に慣れている方にはコチラの方をおススメします。

また、効果に関していうと、朝しっかりお通じがありますので、他の青汁と比べて遜色ない効果が期待できると言えるでしょう。

以上の点から、まずは野菜ジュースの代わりに「おいしい青汁」を飲み、慣れてきたら「粉末青汁」に変えていくのが良いのではないかというのが、管理人の感想です。

サンスター おいしい青汁の詳細はコチラから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ