青汁フレンチトーストの作り方

青汁フレンチトースト

毎朝朝食はパンという人も多いと思いますが、時間のある朝は優雅にフレンチトーストなんていうのもいいんじゃないでしょうか。
それも青汁を使った青汁フレンチトーストなら、栄養もしっかり摂れますし、タマゴも使わないからアレルギーやコルステロールが心配な方でも安心して食べられますよ。

材料(青汁フレンチトースト一食分)

青汁

青汁:1包

食パン

食パン:2枚

豆乳

豆乳:100ml

カップ

水:100ml

餡子

餡子:適量

メープルシロップ

メープルシロップ:適量

レシピのポイント

  • 火が強いと焦げてしまうので、火加減は最初はやや弱めからやってみて下さい。
  • 卵を使っていないので、アレルギーが心配なお子様でも安心して食べられます。

青汁フレンチトーストの作り方

  1. 食パンを正方形に4つに切ってください。
  2. 水を温めてから青汁粉末を入れてよく溶かし、その後豆乳を入れよく混ぜる。
    このとき、ダマにならないように気を付けてください。
  3. ②に①を入れて、良く染み込ませる。
  4. フライパンにバターを引いて中火で両面を焦げすぎないように焼く。
  5. 写真ではメープルシロップをかけてますが、甘いのが好きな方は餡子を乗せるとさらに美味しくなります。

フレンチトーストについて

フレンチトーストには様々な作り方がありますが、最もポピュラーなものはパン(食パンやフランスパンをスライスしたもの)に、鶏卵と、牛乳、それにナツメグ、シナモンなどのスパイスを混ぜた調味液をしみこませて、フライパンなどで軽く両面を焼いて作るという方法です。
日本では、食パンを用い、鶏卵と牛乳に砂糖を加えた液を染み込ませて、フライパンで焼くのが一般的ですが、いろいろなお店がメニューとして提供しているので、いろいろなアレンジをしているようです。
ただし、パン屋で焼いたものや、パン工場で焼いたものをコンビニエンスストアなどで販売する場合は日持ちを考えて、中まで液を染み込ませず、表面に薄く付けただけのものが多いため、本来のフレンチトーストとは味や食感が異なりますので、購入の際は注意をしてくださいね。

青汁フレンチトーストは腹持ちと言う面からも栄養の面からも朝の栄養補給にもってこいです。
だからこそ、栄養が補給されるということをしっかり体で実感できるように、栄養がより多く含まれている青汁を使いたいところです。
どの青汁を選んだらよいのかわからないという方は、ぜひ当サイトの栄養価の高い青汁ランキングを参考に、しっかり栄養が摂れる青汁を選んでみてはいかがでしょうか。

ランキングの詳細はコチラから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ