マグネシウムを多く含む青汁ランキング

  • えがおの青汁 満菜

    えがおの青汁満菜

    Mg   
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    えがおの青汁には、1包あたり4.4mgのマグネシウムが含有されており、これは紹介している青汁の中で1番の量となっているため、ランキングの1位としました。
    マグネシウム不足を気にされている方に一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • マイケア ふるさと青汁

    ふるさと青汁

    Mg   
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング2位の理由

    ふるさと青汁には、1包あたり3.3mgのマグネシウムが含有されており、1位のえがおの青汁には及ばないものの、まずまずの量が入っていることから、ランキングの2位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

マグネシウムについて

今回ランキングで取り上げているマグネシウムは合金や電池といった工業用途での利用を思い浮かべる方も多いと思いますが、人間を含む動植物にとっても必須のミネラルとなっております。
人の体内においては補酵素として300以上の酵素反応に関わっているマグネシウムの主な役割は以下のようなものです。

  • カルシウムの代謝をサポートする
  • たんぱく質の合成をサポートする
  • 神経伝達の働きをサポートする

マグネシウムとカルシウムはお互いを助け合うように密接な関係にあり、お互いその大部分が骨に存在し、どちらかの体内濃度が薄くなると骨から排出し、空いた部分をもう一方で補完するようになっています。
従いまして、マグネシウムが不足した場合、カルシウムの代謝が上手く働きませんので、骨密度が低くなり骨粗しょう症のリスクが高まるほか、血管内にカルシウムが増えすぎて血管の内壁に付着し、脳梗塞等のリスクを高めます。

また、たんぱく質の合成に関わっていることから、マグネシウム不足により脂肪酸の燃焼等に必要なたんぱく質の量が不足し、糖尿病のリスクが高まることも知られています。
さらに、神経伝達に関わっていることから、マグネシウム不足がうつ病のリスクを高めているという仮説があるほか、マグネシウムの処方でうつ病が改善したという報告もあります。

では、マグネシウムを摂取するにはどのような食品を食べればよいのでしょうか。
マグネシウムはどの食品にもそれなりに含まれているので、普通に食事をしていれば欠乏症と言えるほど不足することはありませんが、飲酒を良くする方などマグネシウムが排出されやすい方は、種実類や藻類を食べたり、青汁を飲むことをおススメします。
お酒のおつまみにアーモンドやカシューナッツ、海苔やひじき、ごまなどを使ったおつまみを食べるのもいいと思いますよ。

なお、マグネシウムは摂りすぎても副作用はほとんどありませんが、人によっては下痢などの症状にみまわれることがあるそうなので、念のため覚えておいてください。

コメントを残す

このページの先頭へ