ビタミンEを多く含む青汁ランキング

ビタミンEはすじこやいくらなどの魚卵をはじめとする魚類に多く含まれる成分ですが、青汁に使われる野菜の中では抹茶の中に最も多く含まれています。
そこでここでは、抹茶を積極的に使っている青汁をビタミンEを多く含む青汁として、ランキング形式でご紹介します。

  • お茶村 神仙桑抹茶ゴールド

    お茶村 神仙桑抹茶ゴールド

    ビタミンE
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    抹茶として美味しく飲めるくらい多くの抹茶を原料として使用しているほか、主原料の桑の葉にもビタミンEが豊富に含まれていることから、ビタミンEを多く含む青汁ランキングの1位としました。

    ビタミンEの効果を実感したい人には一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • えがおの青汁 満菜

    えがおの青汁満菜

    ビタミンE
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング2位の理由

    美味しい青汁にするために原料の中で4番目に多く有機抹茶を使用しており、多くのビタミンEの摂取を期待できることから、ビタミンEを多く含む青汁ランキングの2位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • MHM 生青汁

    生青汁

    お酒に合うような味に仕上げた青汁です。

    ビタミンE
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング3位の理由

    “”生”きた酵素と”生”きた乳酸菌が含まれている青汁ですが、お酒に合うようにするために多くの抹茶を原料として使用しており、多くのビタミンEの摂取を期待できることから、ビタミンEを多く含む青汁ランキングの3位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

ビタミンEについて

ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種で、最近は抗酸化物質として働くことが広く知られるようになりました。
抗酸化物質というのは、代謝によって生じる活性酸素から細胞を守り、ガン、心筋梗塞、脳卒中などの病気から体を守ってくれる物質です。

なお、ビタミンEは抗酸化物質として働いた後、その能力を失ってしまいますが、ビタミンCによってびたみんEに戻ることが出来ますので、ビタミンCも併せて摂取することを心がけてほしいものです。

ビタミンEを多く含む食本として最もポピュラーなのは、イクラ、たらこ、明太子、すじこといった魚卵でしょう。
毎日の食卓に1品出しておくとビタミンEを手軽に摂取できます。
また、それ以外だと煎茶や抹茶に多く含まれていますので、これらのお茶をたくさん飲むようにしたり、植物油やマーガリン、マヨネーズにも多く含まれているので、料理に使うことでビタミンEをたくさん摂るようにしてください。

ただし、脂溶性のビタミンのため体に蓄積しやすいことから、過剰に摂取すると骨粗しょう症の原因になると言われていますので、1日当たり600mgを超えるような摂取は控えるようにしてください。

毎日適量を摂取したいということであれば、上記の青汁を飲用したり、食用油を使った料理を食べるようにすることで、適量の摂取が可能になると思われます。

コメントを残す

このページの先頭へ