ビタミンB2を多く含む青汁ランキング

ビタミンB2はレバーをはじめとする内臓など動物性の食材に多く含まれる成分ですが、青汁に使われる野菜の中では大麦若葉の中に最も多く含まれています。
そこでここでは、大麦若葉を積極的に使っている青汁をビタミンB2を多く含む青汁として、ランキング形式でご紹介します。

  • えがおの青汁 満菜

    えがおの青汁満菜

    ビタミンB2
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    えがおの青汁は、多くの原料を使っておりますが、その中でも大麦若葉を1番多く使用しており、ビタミンB2も多く摂取できることが期待されることから、ランキングの1位としました。
    ビタミンB2の効果を実感したい人には一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • ユーグレナ・ファームの緑汁

    ユーグレナ・ファームの緑汁

    ビタミンB2
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング2位の理由

    緑汁はえがおの青汁ほど原材料の数は多くありませんが、その中で大麦若葉を原料の中で一番多く使用しており、ビタミンB2の効果を期待できますが、それよりもユーグレナの効果の方が大きく感じられる可能性が高いことから、ランキングでは2位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

ビタミンB2について

ビタミンB2はビタミンの中で水溶性ビタミンに分類される生理活性物質で、生体内においては脂肪、炭水化物および蛋白質の代謝や呼吸、赤血球の形成、抗体の生産、正常な発育に必要とされています。
したがって、脂質や炭水化物などカロリーの高い食事をされる方ほど必要とされ、欠乏は皮膚炎などの症状によって自覚することとなる。

また水溶性なため、体内に蓄積することが出来ないビタミンなので、毎日しっかりと食事で摂取する必要があるビタミンでもあります。
特に肉や卵などを食べないようにしている方は欠乏しやすいので、上記の青汁のほか、豆類や海苔などを積極的に摂って不足しないようにする必要があります。
水溶性のビタミンB2は、熱には強いですが水を使った調理で流れ出てしまうので、洗いすぎないようにしたり、調理した煮汁ごと食べるようにしてください。
さらに、ビタミンB2は光にも弱いので保存の際には光をさえぎる容器に入れるなどの注意が必要です。

体に蓄積できないということは、逆に過剰症にならないということでもあるので、過剰症の心配がありませんが、まれに下痢になることがあります。

なお、小麦に含まれるグルテンにアレルギーを起こす人は大麦にもアレルギーを起こす可能性がありますが、大麦若葉にはアレルギーの原因となるグルテンが含まれていませんので、小麦や大麦にアレルギーのある人が大麦若葉を原料とした青汁を摂取しても基本的にアレルギーの心配はないと思われます。

コメントを残す

このページの先頭へ