長命草を使った青汁ランキング

  • ステラの贅沢青汁

    ステラの贅沢青汁

    長 命 草
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    贅沢青汁には長命草が3番目の原料として使用されており、長命草の持つ栄養素を余すことなく摂れることが期待されるので、ランキング1位としました。
    長命草の効果を実感したい方に一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • えがおの青汁 満菜

    えがおの青汁満菜

    長 命 草
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング2位の理由

    えがおの青汁には8番目の原料として長命草が使用されており、長命草の持つ栄養をまずまず摂れることから、ランキングの2位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

長命草とは

長命草は、沖縄県八重山諸島で自生するセリ科の植物で、海岸の断崖や珊瑚石灰岩の岩場など、厳しい自然条件の中でも成長する常緑多年草です。
葉がボタンの葉に似ていることから、和名を牡丹防風(ボタンボウフウ)と言いますし、沖縄本島などでは「サクナ」、「チョーミーグサ」とも呼ばれます。

沖縄では「1株食べると1日長生きする」と言われて重宝されており、神様への捧げ物には、長命草を使った料理は欠かせないそうです。
独特の香りと苦味がありますが、肉や魚などの臭みを消してくれるだけでなく、毒消しの役目もしてくれるので、千切りにして刺身のツマなどに利用されます。
他には天ぷらやおひたし、青汁、茶などにして食べられていますね。

栄養価で見ると、抗酸化作用があるカロチン、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールの含有量が多く、青汁に使用する際にもこの効果が期待されます。
ここでいう抗酸化とは体内の脂質が過度に酸化して悪性の脂質になる事を防ぐことを言いますが、カロチンの場合は二重結合と言われる他の物質よりも酸素と結合しやすい状態にあり、余計な酸素が脂質と結合する前にカロチンと酸素が結合することで酸化を防ぎます。
人が老化するのは酸化によるためという考え方があり、長命草はその酸化を防ぐからこそ長命草と言われているのでしょうね。

また、近年の研究から、長命草由来のイソサミジンの利尿作用が注目されていて、加齢に伴う過活動膀胱や前立腺肥大の症状をやわらげる効果が期待されています。
ラットによる実験では、長命草のエキスを経口投与し、その1時間後に水を飲ませ、その2時間後の排尿回数及び、排尿量を測定したところ、排尿回数の抑制と1回あたりの排尿量の増加が見られたそうです。

さらに、ポリフェノールとビタミンEの抗酸化作用により、紫外線などによる活性酸素から肌細胞を守ってくれますし、ビタミンCの美白効果や潤いを保つ働きも加わって、美しい肌へと導いてくれる効果も期待できますね。

コメントを残す

このページの先頭へ