生姜を使った青汁ランキング

  • えがおの青汁 満菜

    えがおの青汁満菜

    しょうが 
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    えがおの青汁は原料として発酵黒生姜が使用されている数少ない青汁で、生姜の栄養もしっかり摂ることが出来ることから、ランキングの1位としました。
    生姜の効果を実感したい人に一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

生姜とは

生姜とは、熱帯アジア原産のショウガ科の多年草で、地下に根茎があり、地上には葉だけが出ます。
サンスクリット語のショウガ(cringa-vera)のペルシア語訳(dzungebir)が語源というのが有力な説とされています。
分類としては栽培・収穫方法により根生姜、葉生姜、矢生姜に分類されるほか、大きさ別に大生姜、中生姜、小生姜があり、大生姜が国内の生産量の9割以上を占め、青汁に用いられるのも大生姜です。
生姜は一般に香辛料として、

  • 冷奴、素麺、アジの寿司やたたきなどの薬味
  • 魚や肉料理の臭い消し
  • 生姜飴、生姜糖、葛湯、冷やし飴(飴湯)、ジンジャーエール、生姜茶など甘い味のアクセント

として用いられるほか、食用として

  • 酢、塩、砂糖で調味した生姜の甘酢漬け
  • 梅酢で漬けた紅生姜

などがあります。

青汁の原料として用いられる場合は、味付けとして使用されるほか、生姜のもつ発散作用、健胃作用を取り入れるためでもある。
発散作用とは、発汗を促す作用のことで、寒気を伴う風邪の初期症状の改善や冷え性の改善に用いられることが多い。
健胃作用とは、胃腸の冷えなどによる胃腸機能の低下を防止する作用の事です。
これらの作用は生姜に含まれる辛味成分、「ジンゲロール」「ショウガオール」「ジンゲロン」が関係していると言われています。

生姜の根茎は生薬として利用する場合は生姜(しょうきょう)と呼ばれ、中国では紀元前500年頃から薬用として利用されています。
発散作用、健胃作用、鎮吐作用があるとされていて、発散作用は主に発汗により寒気を伴う風邪の初期症状の治療に使われ、健胃止嘔作用は胃腸の冷えなどによる胃腸機能低下防止などに使われることが多い。
辛温(辛味により体を温める)の性質を持つため、中医学で言われる熱証(熱を持ちやすい体質)には用いません。
大棗(ナツメ)との組み合わせで他の生薬の副作用をやわらげる働きがあるとされ、多数の漢方方剤に配合されています。
表面の皮を取り去り、蒸して乾燥させたものは乾姜(かんきょう)と呼ばれ、興奮作用、強壮作用、健胃作用があるとされます。
生姜よりも熱性が強い辛熱の性質があるとされるので胃腸の冷えによる機能障害では乾姜を使う場合が多いそうですね。

コメントを残す

このページの先頭へ