桑の葉を使った青汁ランキング

  • お茶村 神仙桑抹茶ゴールド

    お茶村 神仙桑抹茶ゴールド

    桑 の 葉
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    神仙桑抹茶ゴールドは、その名の通り桑の葉を原料のメインに据えた青汁で、桑の葉の栄養を余すことなく取りたいなら外せない青汁なので、ランキング1位としました。
    桑の葉の効果を実感したい方に一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • マイケア ふるさと青汁

    ふるさと青汁

    桑 の 葉
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング2位の理由

    ふるさと青汁には5番目の原料として桑の葉が使用されていて、桑の葉の栄養もまずまず摂れることから、ランキングの2位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • えがおの青汁 満菜

    えがおの青汁満菜

    桑 の 葉
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング3位の理由

    えがおの青汁のは10番目の原料として有機栽培された桑の葉が使用されており、そこそこ桑の葉の栄養を摂れることから、ランキングの3位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

桑の葉とは

桑の葉とは、クワ科クワ属の桑の木の葉で、カイコの餌として古くから栽培されていて、果実も食用として利用されることがある。
桑の木は落葉性の高木で、大きいものは15mに達しますが、栽培される際は数m程度に高さを抑えています。
樹皮は灰色を帯びていますが、桑の葉は薄く、つやのある黄緑色です。

桑の葉は食用としても用いられ、葉を茶の代用品とする「桑茶」が現在も市販されている他、若くて柔らかい葉を天ぷらにして食べることもある。
桑の木にはいくつかの品種がありますが、カイコの餌として栽培されていいたのはヤマグワと言われる品種で、青汁として用いられるのは生薬にも利用されるログワであることが多い。

青汁の原料として桑の葉を用いる場合は、血圧降下、血糖値降下作用を期待して使用される。
血圧降下に関しては桑の葉に含まれるGABA(γアミノ酪酸)が影響していると考えられていて、GABAは腎臓の機能を高め、血圧の上昇を促す塩分(ナトリウム)の排泄を促進することが研究で明らかになっているほか、延髄の血管運動中枢に作用し、抗利尿ホルモン(バソプレッシン)の分泌を抑え、血管を拡張することがわかっています。
さらに、動脈硬化の促進因子であるコレステロールと中性脂肪の増加を抑えることも報告されているようですね。

血糖値降下作用としては、桑の葉の特有成分であるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)が影響していると言われています。
DNJ はブドウ糖の類似物質であり、小腸において糖分解酵素のα-グルコシダーゼに結合する事でその活性を阻害します。
その結果、本来小腸においてブドウ糖に分解され吸収されるはずだった炭水化物や糖類が吸収されずに排泄されてしまうため、血糖値の上昇が抑えられることになります。

コメントを残す

このページの先頭へ