乳酸菌を使った青汁ランキング

  • MHM 生青汁

    生青汁

    乳 酸 菌
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    生青汁には”生”きた乳酸菌が原料として使用されており、乳酸菌が生きたまま腸に届いて作用することを期待できることから、ランキング1位としました。
    乳酸菌の効果を実感したい方に一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

乳酸菌とは

乳酸菌とは、乳糖やブドウ糖を分解して乳酸を生成する細菌の非科学的な総称です。
一部の乳酸菌は腸などの消化器官や膣の内に常在して、他の病原微生物から生体を守り、恒常性維持に役立っていると考えられていて、「善玉菌」と呼ばれることもあります。

乳酸菌は、さまざまな発酵食品の製造に用いられてきて、以下のようなものがあります。

  • ヨーグルトや乳酸飲料などの発酵乳製品(動物性乳酸菌)
  • キムチや浅漬け、ピクルス、ザワークラウトなどの発酵植物製品(植物性乳酸菌)
  • 味噌、しょう油、酒やなれ寿司(植物性乳酸菌)

動物性乳酸菌は、乾燥、熱、酸に弱く、胃酸で死滅するが、植物性乳酸菌は酸に強く、生きたまま腸に届くため現在注目を浴びており、青汁に利用されるのも主に植物性乳酸菌である。

乳酸菌を青汁に配合する際に期待される効果としては、トクホ(特定保健用食品)に認可されている効用として、便秘・下痢の改善、血圧・血清コルステロールの低下が挙げられ、他には花粉症の症状の軽減が見られたとの報告がある。
下痢や便秘の原因の1つとして、腸が正常に機能していないことがあり、正常に移納させるためには腸内の細菌バランスを正常に保つ必要があります。
そのため、乳酸菌を腸に届かせることにより、善玉菌を増やすことで腸内環境が正常に戻り、下痢・便秘が改善します。

血圧や血清コルステロールの値が上昇してしまう要因として、腸の機能が低下し、脂肪を上手く分解・吸収できなくなることにより、余計な中性脂肪や悪玉コルステロールを吸収してしまうことがあります。
これも乳酸菌を腸に届かせることにより、善玉菌を増やすことで腸内環境を正常に戻すことで改善させることが可能です。
花粉症の改善に関しては、 「L-92乳酸菌」を用いて実験を行ったところ、有意な改善があったという報告がありました。

ちなみに、腸内常在細菌叢のバランスを改善することを目的とした製品が多数開発されていますが、このうち、乳酸菌などの細菌を生きたまま含むもの(ヨーグルトなど)のことをプロバイオティクス、それ自体は生菌を含まないが、善玉菌と言われる菌が特異的に利用するオリゴ糖などの栄養源を含むもの(青汁など)のことをプレバイオティクスと呼びます。

コメントを残す

このページの先頭へ