クロレラを使った青汁ランキング

  • ステラの贅沢青汁

    ステラの贅沢青汁

    クロレラ 
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    クロレラをメイン原料にしているので、クロレラの栄養を余すことなく摂取することが出来ますね。
    クロレラを積極的に摂取したいと考えている方に一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • えがおの青汁 満菜

    えがおの青汁満菜

    クロレラ 
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング2位の理由

    満菜にアップグレードされたのを機にクロレラも原料の1つとして加えられ、えがおの青汁のが豊富な栄養成分を誇る助けになっています。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

クロレラについて

クロレラとは、淡水に自生する葉緑藻類に属する単細胞植物の一種で、1890年にオランダの微生物学者、バイリンクによって発見され、ギリシャ語で”緑”を意味するクロロス(chloros)とラテン語で”小さいもの”を意味するエラ(ella)を合成して命名されたものです。
直系3μmほどのクロレラは二酸化炭素と水、太陽エネルギーと少量の無機質で光合成を行いながら成長し、8~10ミクロン近くに成熟するまでに核分裂が2回起こるほど、繁殖力に優れています。

クロレラは青汁に乾燥した状態で使用されますが、その状態では、たんぱく質が45%、脂質が20%、糖質が20%、灰分が10%。残りがビタミン類やミネラル類、さらにCGF(クロレラ・グロス・ファクター)というクロレラの独自成分が知られています。
植物でありながらたんぱく質や脂質が豊富なので、食品として大きな期待が寄せられています。

クロレラによる健康効果として知られているのは、コレステロール値の低下作用、高血圧の改善、血糖値を下げる効果、免疫活性化、抗酸化作用などです。
これらの効果はクロレラに含まれるタンパク質やビタミン、ミネラル類などの栄養がもつ効果とクロロフィル(葉緑素)の抗酸化作用などが総合的作用した結果とされています。
クロレラが緑色に見えるのは、細胞内のクロロフィルが透けて見えるからですが、クロロフィルは葉緑素とも言われ、光合成によって二酸化炭素から糖類を作り出すのに欠かせない成分です。
人の体内に入るとヘモグロビンの生成を助ける働きを持つので、貧血等に効果があると言われています。
また、老化を早めさまざまな生活習慣病の大きな原因と考えられている、活性酸素を消去する働きが高いとも言われていますし、発ガン物質を吸着する効能があり、クロレラにより肝臓ガン、乳ガン、皮膚ガンなどの予防効果についての報告もあります。

コメントを残す

このページの先頭へ