青汁3大主原料の成分比較

青汁の主原料として主に使われているのは「大麦若葉」「ケール」「明日葉」ですが、いったいどの原料が栄養成分的に優れていて、どれを使ってる青汁を選べば自分に一番いいのか、悩んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこでここでは、青汁選びの判断材料の1つとして、3つの主原料の成分を比較してみました。

ビタミンの比較(100gあたりの含有量)

ビタミンの名称 ケール 大麦若葉 明日葉
ビタミンA(μg) 480 880
ビタミンB1(mg) 0.06 0.80 0.10
ビタミンB2(mg) 0.15 2.03 0.24
ビタミンB6(mg) 0.16 0.96 0.16
ビタミンB12(μg) 0.5
ビタミンC(mg) 81.0 117.0 41.0
ビタミンE(mg) 2.4 7.7 2.8
ビタミンK(μg) 210 3,320 500
葉酸(μg) 120 650 100

ミネラルの比較(100gあたりの含有量)

ミネラルの名称 ケール 大麦若葉 明日葉
カルシウム(mg) 220 500 65
鉄分(mg) 0.8 48.9 1.0
マグネシウム(mg) 44 190 26
リン(mg) 45 410 65
カリウム(mg) 420 2,200 540
亜鉛(mg) 0.30 4.20 0.60

その他の成分の比較(100gあたりの含有量)

名称 ケール 大麦若葉 明日葉
カロリー(kcal) 28 325 33
タンパク質(g) 2.1 29.7 3.3
脂質(g) 0.4 6.8 0.1
食物繊維(g) 3.7 47.2 5.6

以上のように比較できる成分(大麦若葉、ケール、明日葉の3つすべてが含んでいる成分)を比べてみると、大麦若葉が最も多くビタミンやミネラル、食物繊維などを含んでいることがわかります。

あえて弱点を挙げれば、ビタミンAが期待できないことと、カロリーや脂質も他と比べて多いため、ダイエットを気にされている方はちょっと抵抗があるという事でしょうか。
ただ、青汁を作るにあたっては、価格との兼ね合いから使用されている量が違い、含有される栄養成分もマチマチになってしまいますし、他の原料で足りない栄養をカバーしていたり、大麦若葉、ケール、明日葉それぞれに独自成分があるため、その成分に期待される独自の効果もあったりと、単純にここで挙げた主原料の成分を比較しただけで決められるわけではありません。

従いまして、この成分表を1つの参考材料に当サイトのランキングなどで色々と比較して、ご自身に一番ピッタリ合う青汁を選んで頂きたいと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ