明日葉を使った青汁ランキング

  • マイケア ふるさと青汁

    ふるさと青汁

    明 日 葉
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    ふるさと青汁は明日葉を第一原料として使用しており、明日葉の栄養を一番しっかり摂れることから、ランキング1位としました。
    明日葉の効果を実感したい人には一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • ピュアプラス 美感青汁

    ピュアプラス 美感青汁

    明 日 葉
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング2位の理由

    美感青汁は原料の中で2番目に多く明日葉を使用しており、明日葉の効果をまずまず実感できることから、ランキングの2位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • MHM 生青汁

    生青汁

    明 日 葉
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング3位の理由

    生青汁の原料としては、明日葉は8番目ということで、それほど明日葉の効果を実感できないことから、ランキングは3位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

明日葉とは

明日葉は、セリ科シシウド属の植物で、日本原産であり、房総半島から紀伊半島と伊豆諸島の太平洋岸に自生しています。

「今日摘んでも明日には新しい芽が出る」といわれるほど成長が早く、生命力の強い植物で、明日にはすぐに新しい芽が出るというところから「明日葉」と命名されるほどです。
明日葉は1メートル前後まで育つ多年草ですが、2~3年で黄色の傘形花序をつけ、その後に扁平な楕円形の果実をつけ、開花結実すると枯れてしまいます。

食材として利用する場合、味に独特のクセがあるため、葉と茎を天ぷらやバター炒め、おひたし、マヨネーズ和え等、多少クセを殺す調理法を使って調理します。
特に伊豆大島では、アシタバを椿油で揚げた天ぷらが名物料理になっていますね。

明日葉には、便秘防止や利尿・強壮作用があるとされるほか、緑黄色野菜としてミネラルやビタミンも豊富なことから、青汁の原料として利用されるようになってきて、特徴的な成分として、カルコン類(キサントアンゲロール)やクマリン類を含み、これらは抗菌作用を持つため、免疫力の向上に役立つと言われています。
さらにカルコン類には、末梢血管を拡張させる作用と血液の循環を良くする作用もあり、血行が良くなりますので、冷え性の改善や、デトックス効果があると言われ、セルライトを無くす効果があると話題にもなりました。

そういうことから、美容効果を謳う青汁の多くが、明日葉を原料に用いていますね。

明日葉100gに含まれる栄養素(ビタミン)
ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC
5300IU 0.10mg 0.24mg 41mg
明日葉100gに含まれる栄養素(ミネラル等)
カルシウム リン タンパク質 食物繊維
65mg 65mg 3.3g 5.6g

コメントを残す

このページの先頭へ