ケールを使った青汁ランキング

  • ステラの贅沢青汁

    ステラの贅沢青汁

    ケ ー ル
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    贅沢青汁には原材料としてケールが2番目に多く使用されており、ケールの栄養を一番多く摂ることができることから、ランキングの1位としました。
    ケールの効果を実感したい人には一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • MHM 生青汁

    生青汁

    ケ ー ル
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング2位の理由

    生青汁にはケールが7番目の原料として使用されておりますが、効果をはっきりと実感できるほどではないことから、ランキングの2位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

ケールとは

ケールとは、地中海が原産とされるアブラナ科の野菜で、キャベツの変種であり、日本では緑葉カンラン、羽衣カンランなどと呼ばれることがあります。
葉は非常に濃い緑色をしていて、面が縮れたものや滑らかなもの、葉形も 細長いものから広円形をしたものなど数多く存在しています。
一年中栽培できること、収穫量が多いことから、日本では主に若葉が青汁の材料として利用されるほか、原産地のヨーロッパではサラダなどの材料として使用されています。

ケールは栄養価が非常に高く、特にビタミンAはニンジンの2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上、その他のビタミン、ミネラル、クロロフィル、GABA、食物繊維、葉酸、たんぱく質なども豊富です。
緑内障予防の効果が指摘されているほか、最近ではケールのエキスに日焼けやシミの原因になるメラニンの生成を抑える働きがあることが確認され、その美白効果に注目が集まっていますが、美白成分としても知られるビタミンCやビタミンE、抗酸化作用で知られるルテインなどが多く含まれていることもその一因と言われています。
また、ルテインには目の健康に働きかける効果がある事で知られ、主に目の網膜の中央にある黄斑部に存在しています。
黄斑部とは、カメラで例えるとフィルムの役割を担っている部分であるため、ここでルテインは、紫外線などのダメージから目を守る働きを担っていることから、”天然のサングラス”とも呼ばれています。

ケールにはいくつかの種類がありますが、青汁に利用されるのは、搾汁量が多いジューシーグリーンと、一株当たりの葉数が多いスウィートグリーンがほとんどです。
また、ケールを含むアブラナ科の植物は牛や羊などで溶血性貧血を起すことがわかっていますが、人ではその症状は出ません。

ケール100gに含まれる栄養素(ビタミン)
ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC
3300IU 0.15mg 0.325mg 125.5mg
ケール100gに含まれる栄養素(ミネラル等)
カルシウム リン タンパク質 食物繊維
225mg 67mg 3.9g 3.7g

コメントを残す

このページの先頭へ