花粉症を予防・改善できる青汁ランキング

青汁に含まれる素材で花粉症に効果のあるものとしては、「糖脂質」と「フラボノール配糖体」という、アレルギー性疾患に有効な成分を含むケール、整腸作用が花粉症にも効果を発揮する乳酸菌が挙げられます。

そこで当サイトでは、ケールおよび乳酸菌を原材料として使用している青汁を花粉症に効果のある青汁としてランキング形式でご紹介します。

  • MHM 生青汁

    生青汁

    花粉症対策
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    生青汁には、ご紹介している青汁の中で唯一ケールと乳酸菌の両方が含まれており、花粉症を予防・改善できる青汁ランキングの1位としました。
    花粉症でお悩みの方に一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • ステラの贅沢青汁

    ステラの贅沢青汁

    花粉症対策
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング2位の理由

    ステラの贅沢青汁には乳酸菌は使われておりませんが、紹介している青汁の中で最も多くケールを使用しているため、花粉症を予防・改善できる青汁ランキングの2位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

花粉症に効果のある食材について

上記ランキングでもご紹介したケールに含まれる「糖脂質」と「フラボノール配糖体」は、アレルギー性疾患に関与する免疫細胞に添加すると、細胞から分泌されるインターロイキン4の量が、顕著に減少することが研究等により明らかになったそうです。
また、乳酸菌の整腸作用によって花粉症が改善されるのは、整腸作用によって免疫力が高まるからです。

青汁に利用されない食材で、花粉症に効果のあるものには、ペクチンを多く含むりんご、αリノレン酸、αリポ酸を多く含むブロッコリー、リコピンを多く含むトマト、アリシンを多く含むニンニク・玉ねぎ・ニラ、ポリフェノールを含むチョコレート・甜茶・しそジュースなどがあります。

りんごペクチンとは、りんごに含まれている食物繊維で、整腸作用があるため花粉症の症状を軽減するというデータがあります。
αリノレン酸、αリポ酸はヒスタミンの抑制や腸内環境をよくして粘膜を強くするため、花粉症に効果があると言われています。
また、リコピンについては、トマトジュースおよびリコピン含有カプセルの継続摂取が 花粉症の自覚症状を改善させることをカゴメなどが臨床試験で確認しておりますし、アリシンはアレルギー反応を引き起こす抗体が作られるのを抑制することが確認されています。
ポリフェノールについては、神経を刺激するヒスタミンなどの発生を抑える働きがあるだけでなく、活性酸素を抑制する抗酸化作用があるため、炎症を緩和すると考えられています。

食材による花粉症の予防や改善というものは、継続的に摂取することで、その効果を発揮する場合がほとんどですので、青汁やその他の食材を継続的に摂取して、ぜひ花粉症の症状を抑えてくださいね。

コメントを残す

このページの先頭へ