夏バテを予防・改善できる青汁ランキング

梅雨が明け、夏本番を迎えるとウキウキしてしまう方も多いかと思いますが、思わぬ夏バテに悩まされてしまうこともあります。
夏バテになってしまう要因は、別途お話しますが、夏バテの予防・改善に役立つ栄養成分としてはビタミンB群、ビタミンC、マグネシウムといったものが挙げられます。

そこで今回は、ビタミンB群、ビタミンC、マグネシウムを多く含む青汁を、夏バテの予防・改善向けランキングとしてご紹介します。

  • えがおの青汁 満菜

    えがおの青汁満菜

    夏バテ対策
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    ビタミンB2、ビタミンB6、マグネシウムの含有量が1位、ビタミンCの含有量が2位とランキングで紹介している青汁の中で夏バテに効果がある成分を最も多く含んでいるため、夏バテに効果がある青汁ランキングの1位としました。
    夏バテにお悩みの方に一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • マイケア ふるさと青汁

    ふるさと青汁

    夏バテ対策
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング2位の理由

    ビタミンB1の含有量が1位、マグネシウムの含有量が2位とランキングで紹介している青汁の中で夏バテに効果がある成分を多く含んでいるため、夏バテに効果がある青汁ランキングの2位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

夏バテについて

夏バテとは夏の暑さで自律神経系が乱れることによる様々な症状のことを指しますが、主に以下の3つが要因とされています。

  1. 猛暑の屋外から、エアコンで冷えた室内に戻るときなどの急激な温度差によって体力を消耗するほか、冷房の効きすぎた部屋にいることで自律神経がうまく働かなくなり、胃腸の不調や全身の倦怠感、さらには食欲不振を招くため。
  2. 高温多湿の環境が続くと、汗の出口周辺が詰まって発汗が困難になり、体温調節がうまくいかなくなるほか、長時間直射日光の下にいると発汗が過剰になり、体の水分が不足気味になるため。
  3. 熱帯夜によって寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなって睡眠不足に陥り、日中の疲労を回復することができず、疲れが溜まってしまうため。

夏バテになった時の代表的な症状は、全身のだるさと疲労感です。
なんとなく体がだるく、疲れが取れにくい日が続き、暑さによって睡眠不足になることで、さらにだるさや疲労感が増すという悪循環に陥ったりします。
また、自律神経の不調によって消化器の機能が弱くなって食欲不振に陥り、体に必要なエネルギーやビタミンの不足を招いてだるさや疲労感が増します。

日常生活において夏バテを予防するには、まずはなんといってもしっかり栄養を摂ることです。
上記に掲載した夏バテに効果のある青汁の他、疲労回復に効果的な玄米、豚肉、ウナギ、豆類、ねぎ、山芋などの良質な栄養を多く含む食材をしっかりとり入れましょう。
また、室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなりますので、エアコンの温度をこまめに調節したり、エアコンの風が直接当たらないように、風向きの調節、上着を羽織るなどの工夫をしましょう。
さらに、疲れを溜めないように、なるべく早く布団に入ってぐっすりと眠り、その日の疲れをその日のうちに取り除くようにしましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ