冷え性の予防・改善に効果のある青汁ランキング

冷え性の方にとって、冬はもちろん、夏も室内は冷房が効いていて、年中手足が冷えて困ってしまいますよね。
冷え性の改善方法として定番なのは、生姜による血行促進効果ですが、それ以外にも毛細血管の機能を改善するビタミンC、血行を良くして体内ホルモンのバランスを整えるビタミンEも合わせて摂りたいところです。
ここでは生姜を中心に他のビタミンを摂れるような青汁をランキング形式でご紹介しますので、冷え性の方は参考にしてください。

  • えがおの青汁 満菜

    えがおの青汁満菜

    対冷え性 
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    えがおの青汁には原料として発酵黒生姜が使われているほか、ビタミンCが16.7mg/包と多く含まれていることから、ランキング1位としました。
    冷え性でお悩みの方に一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • マイケア ふるさと青汁

    ふるさと青汁

    対冷え性 
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング2位の理由

    ふるさと青汁には、生姜こそ使われてはいませんが、ビタミンCが0.12mg/包、ビタミンEが0.22mg/包含有されていますので、ランキングの2位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • ステラの贅沢青汁

    ステラの贅沢青汁

    対冷え性 
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング3位の理由

    贅沢青汁には、生姜こそ使われてはいませんが、ビタミンCが0.14mg/回、ビタミンEが0.05mg/回含有されていますので、ランキングの3位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

冷え性って何

冷え性とは、一般的に手足に冷え、冷たさを感じる症状のことを指します。
女性の方が冷え性になる人は多いですが、決して男性がならないというわけではなく、冷え性の方の割合は8:2というところでしょうか。

冷え性の原因としては、

  • 血行不良
  • ホルモンバランスの乱れ

が考えられ、前者では、食生活や喫煙習慣によって毛細血管の機能が衰えたり、血流が悪くなることが要因です。

一方後者は更年期障害や生理などが要因となる為、女性の冷え性はコチラの方が多いと言えるでしょう。
冷え性を改善するには、上記の青汁を飲むほか、食生活の改善や運動する習慣を身に着けるようにすることです。

具体的には、冷たい食べ物・飲み物や甘い食べ物、季節はずれの野菜や果物の摂取は体を冷やすため、避けるようにし、食べない系のダイエットを止め、冷暖房に頼りすぎないようにすることが大切です。
また、運動不足は、血液を送る筋力を刺激しないので冷え性の原因となりますし、ファッション性を追求するあまり、体温調節を考えていない服装は冷え性を増長しますから避けるようにしましょう。
さらにタバコは急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くするともに基礎代謝も低下させてしまうため止めた方がいいですし、過度のストレスも血行不良になりますのでストレスフリーな生活を心がけましょう。
ココアに含まれる『ポリフェノール』や『テオブロミン』は血管拡張作用があることが報告されており、特に手足の先の血液循環を改善することで、ゆっくりと長く冷えを抑制できると考えらていますので、積極的に飲むようにすると、冷え性の改善に繋がります。

コメントを残す

このページの先頭へ