不眠症を予防・改善できる青汁ランキング

人間の睡眠リズムを調整し、不眠症などの睡眠障害を治療するために使われるものの一つにメラトニンがあります。
なぜなら、メラトニンの血中濃度は1日のサイクルで変化しており、人間の場合、メラトニンの血中濃度は昼に低く夜に高くなり、睡眠と連動しているからです。

青汁の原料のなかで、このメラトニンを多く含むものとしてはケールがあり、すべての野菜の中で最も多くメラトニンを含んでいると言っていいでしょう。
そこでここでは、ケールを多く使用している青汁を不眠症を予防・改善できる青汁として、ランキング形式でご紹介します。

  • ステラの贅沢青汁

    ステラの贅沢青汁

    不眠症改善
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング1位の理由

    贅沢青汁には原材料としてケールが2番目に多く使用されており、ケールの栄養を一番多く摂ることができることから、不眠症の予防・改善が出来る青汁ランキングの1位としました。
    不眠症を予防・改善したい人には一番おすすめの青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • MHM 生青汁

    生青汁

    不眠症改善
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング2位の理由

    生青汁にはケールが7番目の原料として使用されておりますが、効果をはっきりと実感できるほどではないことから、不眠症の予防・改善が出来る青汁ランキングの2位としました。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

不眠症について

不眠症の症状としては、寝つきが悪い、夜中に起きてしまう、朝早く目が覚める、眠りが浅く眠気が取れないなどがあり、よく眠れないために日中に眠気に襲われたり、注意力が散漫になったり、疲れや種々の体調不良が起こるといったものが挙げられます。

日本では約5人に1人が、不眠症の症状に悩んでいると言われ、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年以降は急増しているそうです。

不眠症になってしまう原因としては、枕が変わる、暑さや騒音、明るさなどの影響といった外的要因や、年齢や病気などからくる身体的要因、さらに悩みやイライラ、ストレスといった内的要因や、アルコール、ニコチン、カフェイン、薬の副作用といった生活習慣によるものまで様々です。

不眠症の予防には、まずは不眠の原因となっている外的要因や内定要因を取り除くことから始まります。
それでも改善しない場合、睡眠薬を用いますが、長期的な使用は推奨されていませんので、睡眠薬で急場をしのぎつつ、不眠の要因となっている病気の治療や生活習慣の改善などを合わせて行うのが通常です。

睡眠の習慣化という観点から見た場合、人の体内においてメラトニンは日中、強い光を浴びると減少し、夜、暗くなってくると分泌量が増えますが、メラトニンは脈拍・体温・血圧などを低下させるため、体は睡眠の準備が出来たと認識し、睡眠に向かうようになることが知られています。
つまり、日中光を浴び、夜暗い所にいるという生活リズムを維持することがメラトニンの分泌には大切であり、睡眠の習慣化には大切だと言えます。
また、どうしても生活リズムの改善が難しいという場合、睡眠前にメラトニンを含む食事を摂取するという方法もありますので、上記のランキングに掲載した青汁やメラトニンを多く含むレバーなどの食材を食べるようにしてみて下さい。

コメントを残す

このページの先頭へ