豆乳に溶かして飲むと美味しい青汁ランキング

青汁はお水に溶かして飲むのが基本ですが、味が苦手と言う方や青汁にもう1つ栄養をプラスしたいときなどは、違うものに溶かして飲むのもいいですね。
管理人は豆乳に溶かして飲むのが好きなのですが、それは青汁を溶かした豆乳が抹茶ラテのようで飲みやすいことと、大豆イソフラボンやたんぱく質など青汁には入っていない栄養もプラスして摂ることが出来るからです。
そこで今回は、各青汁を豆乳に溶かした時の味を比較して、皆様におススメできる青汁をランキング形式でご紹介します。

  • お茶村 神仙桑抹茶ゴールド

    お茶村 神仙桑抹茶ゴールド

    美味しさ 
    栄   養
    安   さ
    おすすめ度
    神仙桑抹茶ゴールドがランキング1位の理由

    普通に水に溶かしても美味しい青汁は豆乳に溶かしても美味しかった。
    水に溶かした味が抹茶だから、豆乳に溶かした味もまさに抹茶ラテ。
    毎日豆乳を飲んでいるから青汁も豆乳に溶かして飲みたいというような、豆乳好きの方に一番おすすめできる青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • えがおの青汁 満菜

    えがおの青汁満菜

    美味しさ 
    栄 養 価
    安   さ
    おすすめ度
    ランキング2位の理由

    青汁はまずいという常識を覆した青汁として人気の高いえがおの青汁。
    やや薄味の青汁が、コクのある豆乳とマッチして、美味しい青汁に生まれ変わる感じがたまらないですね。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • MHM 生青汁

    生青汁

    美味しさ 
    栄   養
    安   さ
    おすすめ度
    生青汁がランキング3位の理由

    お酒に溶かして美味しく飲める青汁は、豆乳に溶かしても美味しいですね。
    生青汁に含まれる乳酸菌や酵素と豆乳に含まれるイソフラボンの相性もいいので、おススメです。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

豆乳について

豆乳は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめた汁を漉した飲み物で、「畑のお乳」と言われるように牛乳に似た外観と食味があるが、大豆特有の青臭さがある。
健康食品として認知されている。
また、豆乳には大豆イソフラボンが含まれているが、大豆イソフラボンはポリフェノール化合物の一種で、「植物由来エストロゲン」と呼ばれることもあり、体内で女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをするとされている。

これが骨粗鬆症予防効果、抗動脈硬化作用、更年期障害の緩和など健康にいい働きをすると言われているほか、乳がんや前立腺がん等の予防にも効果があることが、疫学的な調査で明らかになってきている。
特にイソフラボン配糖体のゲニステインという物質に、腫瘍の血管新生を抑える効果があり、それにより腫瘍の増殖を抑制するとする研究もある。
さらに、大豆固形成分含量が高い豆乳には、血糖値改善効果が期待できるとの報告もあるピニトールという成分が多く含まれている。

コメントを残す

このページの先頭へ