美味しい青汁ランキング

「青汁」と聞いて”美味しい”というフレーズが思い浮かぶ人はなかなかいないのではないでしょうか?
青汁といえば「不味い」というイメージがすっかり定着してしまいましたが、最近は味にこだわったものも多く発売されており、飲みやすい青汁もたくさんあります。
そこで、ここでは管理人が実際に飲んでみて、美味しいと感じた青汁をランキング形式でご紹介します。
美味しい青汁をお探しの方の参考にしていただければ、幸いです。

  • お茶村 神仙桑抹茶ゴールド

    お茶村 神仙桑抹茶ゴールド

    美味しさ 
    栄   養
    安   さ
    おすすめ度
    神仙桑抹茶ゴールドがランキング1位の理由

    お茶屋さんが作っただけあって、お水に溶かして飲んだ時の味はまさに抹茶!!
    普通に毎日のお茶代わりに飲めるほどの美味しさは、他の青汁では体験できません。
    とにかく美味しい青汁を探しているという方に、一番おすすめできる青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • ピュアプラス 美感青汁

    ピュアプラス 美感青汁

    美味しさ 
    栄   養
    安   さ
    おすすめ度
    美感青汁がランキング2位の理由。

    食べたときに口の中に広がるのはマンゴーの風味。
    マンゴーの甘さがお嫌いじゃなければ、毎日デザート代わりに食べられちゃうから、小さなお子さんでも大丈夫!!

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • MHM 生青汁

    生青汁

    美味しさ 
    栄   養
    安   さ
    おすすめ度
    生青汁がランキング3位の理由

    お酒に溶かしても美味しく飲めるということで、居酒屋さんでも採用されているほど!
    家でお酒ばかり飲んでるお酒好きの旦那様の健康管理にもおススメの、美味しい青汁です。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

美味しさとはなんでしょう

「美味しい」という言葉は本当によく使われています。
食事をし、感想を求められたらとき、褒め言葉として「美味しい」というフレーズをチョイスするはずです。
しかし、「甘くておいしい」「辛くて美味しい」「酸っぱくて美味しい」「苦くて美味しい」など、美味しいという言葉はとても範囲が広くて曖昧です。
なぜ、美味しいという言葉がこれほどまで色々な味に対して使われるのかと言うと、美味しさにはいくつかの種類があるからです。

まず、1つ目の美味しさは「体が生理的求めるものを美味しいと感じる」というものです。
汗をかいたときは塩味を美味しいと感じ、疲れているときは甘いものを美味しいと感じます。
これは、人が生きて行くうえで欠かせない能力と言ってもいいでしょう。

次に、人は昔から親しんだ味を美味しと感じます。
代表例は「おふくろの味」で、小さいころから親しんだ味はいくつになっても美味しいと感じますよね。
また、その国や地域でしか食べられないようなものも、その地域の人たちだけ美味しいと感じるようなものがあります。

また、人は目や耳から得た情報でも食べ物を美味しいと感じます。
高級品や「○○産」といった情報を聞いたり、目にするだけで、その食品を美味しく感じてしまうなんて、結構人の味覚は現金な作りになってるんですね。

このように、「美味しい」と感じるには様々な理由があるので、いろんな食品、料理に対し「美味しい」という言葉が使われるんですね。

コメントを残す

このページの先頭へ