妊婦向け青汁ランキング

妊婦さんに特に必要とされる栄養素は葉酸、鉄分、カルシウムです。
葉酸は妊娠初期には胎児の神経系や脳の発達に、妊娠中期・後期では動脈硬化の予防、細胞の生成、貧血予防に必要となります。
鉄分、カルシウムは妊娠中、多量に消費されるので不足しやすく、しっかりと食事から補給していくことが必須です。
そこで、ここではこれらの成分を多く含む青汁を妊婦向けの青汁として、ランキング形式でご紹介します。

  • マイケア ふるさと青汁

    ふるさと青汁

    栄   養
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    ふるさと青汁がランキングの1位の理由

    妊婦に必要なカルシウム、葉酸、鉄分の含有量がすべてしっかり表記されているのはこの「ふるさと青汁」だけです。
    個々の含有量は必ずしも多いわけではありませんが、バランスよく摂取できるので、妊婦さんには一番おすすめします。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • えがおの青汁 満菜

    えがおの青汁満菜

    栄   養
    美味しさ 
    安   さ
    おすすめ度
    えがおの青汁満菜がランキングの2位の理由

    カルシウム、葉酸ともに十分な量を含有しているのですが、鉄分の含有量が確認できませんでした。
    栄養バランスでは青汁No.1なので、いろんな栄養をしっかり摂りたいと考えている方におススメです。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

妊婦さんの食事について

妊婦さんが摂るべき食事と言うのは、一言で言えば「バランスの良い食事」と言うことになります。
その中で、最初に述べた葉酸や鉄分、カルシウムをしっかり摂っていくという食事を心がけることになります。
人によってはあれは食べないほうが良いなんてことを言いますが、要は量次第ということ。
バランスを摂るという意味で、肉や魚(たんぱく質)、野菜やフルーツ(ビタミン、ミネラル)、お米やパン(炭水化物)を万遍なく、適量食べるようにしていれば、何ら不安になることは無いでしょう。

そのかわり、注意していただきたいのはサプリメントです。
特にビタミンAは妊娠初期に取り過ぎると、生まれてくる赤ちゃんに奇形が起きるリスクが高まると言われていますので、普段からちゃんと野菜を摂っているのであれば、ビタミンAを含むサプリメントは避けるようにしましょう。
どうしても心配と言うのであれば、それこそ当サイトで紹介している青汁を飲むようにしてください。
それだけで十分ビタミン、ミネラル類は補えます。

また、妊娠中に避けた方がいいものとして、アルコール、タバコはもちろん口にされていないかと思いますが、同様にカフェインも避けて頂きたいものとして挙げられます。
カフェインには胎児の中枢神経を覚醒・興奮させるほか、子宮内の胎児発育遅延のリスクが高くなると言われています。
さらに尿からのカルシウム排泄を促したり、鉄分の吸収も妨げてられてしまうというリスクも伴います。
ただし、これも程度の問題で1日1から3杯程度のコーヒーであれば、逆にリラックス効果が望めることから、問題ないそうなので、取りすぎにだけはご注意ください。

コメントを残す

このページの先頭へ