ヨーグルトに混ぜて食べると美味しい青汁ランキング

青汁はお水に溶かして飲むのが基本ですが、味が苦手と言う方や青汁にもう1つ栄養をプラスしたいときなどは、違うものに溶かして飲むのもいいですね。
また、たまには青汁を何かに溶かして飲むだけではなく、食べてみるというのもいいですよ。
今回は青汁と相性のいい乳製品、ヨーグルトと混ぜたときの美味しさを比較して、皆様におススメできる青汁をランキング形式でご紹介します。

  • えがおの青汁 満菜

    えがおの青汁満菜

    美味しさ 
    栄 養 価
    安   さ
    レビュー 
    おすすめ度
    えがおの青汁 満菜がランキング1位の理由

    青汁はまずいという常識を覆した青汁として人気の高いえがおの青汁。
    やや薄味の青汁なので、ヨーグルトの爽やかな酸味を邪魔することなく、ヨーグルトのコクと上手くマッチして、美味しい青汁ヨーグルトとして食べることが出来ます。
    毎日ヨーグルトを食べるくらいのヨーグルト好きの方に一番おすすめできる青汁ですね

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • お茶村 神仙桑抹茶ゴールド

    お茶村 神仙桑抹茶ゴールド

    美味しさ 
    栄   養
    安   さ
    レビュー 
    おすすめ度
    神仙桑抹茶ゴールドがランキング2位の理由

    普通に水に溶かしても美味しい青汁はヨーグルトに溶かしてももちろん美味しい。
    水に溶かした味が抹茶だから、ヨーグルトに混ぜたときはちょっと冷やして抹茶ヨーグルトアイス風にした方が美味しいかもしれない。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

  • マイケア ふるさと青汁

    ランキング3位 ふるさと青汁

    美味しさ 
    栄   養
    安   さ
    レビュー 
    おススメ度
    ふるさと青汁がランキング3位の理由

    ふるさと青汁もヨーグルトに溶かして食べると美味しいのだが、注目はその効果。
    ふるさと青汁の原料、明日葉のデトックス作用と、ヨーグルトの整腸作用のコンビはかなり強力です。お通じに悩まれている方などは、一度お試しいただきたい。

    公式サイトはコチラ管理人レビュー

ヨーグルトについて

ヨーグルトは、乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作る発酵食品のひとつで、生乳の入った容器に乳酸菌が偶然入り込んだのがはじまりと考えられている。
市販されているヨーグルトは、温度調整と殺菌がされた原料乳と副原料(脱脂粉乳やバターなど)に培養した乳酸菌を加え、40℃から45℃の環境下に一定時間置いて生産されている。
また、一般家庭においても、種菌(乳酸菌等)を入手し、牛乳と混ぜることで作ることができる。
種菌がなくても、市販されているプレーン・ヨーグルトに含まれる乳酸菌を使って作ることもできるため、家庭用のヨーグルトメーカーも多種発売されている。
ヨーグルトの乳酸菌が腸内に定着することはできないが、その代謝物などが腸内の悪玉菌を減少させ、在来乳酸菌を増殖させるという整腸作用をもつため、腸管免疫系を活性化させるとされている。

コメントを残す

このページの先頭へ