青汁普及の功労者に死亡説?

かつて、一般的な知名度が低かった青汁を一躍全国区に押し上げたのは、「まずい〜、もう一杯」とテレビCMで青汁を飲み干していた八名信夫さんだと言っても過言ではないでしょう。
そんな八名信夫さんに、先日死亡説が流れました。
事の発端は、 日本テレビ系のバラエティー番組が、八名信夫さんを「故人」として紹介してしまったことによります。

八名さんは現在80歳ながら、青汁の効果か元気に俳優活動を続けている。
所属事務所も番組放送後に「明らかな事実誤認」と公式サイト上で抗議しているので、死亡説は間違いであったようで、一安心ですね。
ミスは、2016年6月6日放送のバラエティー番組「超頭脳トレード」(日本テレビ系)で起きた。
チラシ(広告)の仕掛けで商品の売上を伸ばした事例を紹介するコーナーで、キューサイ「青汁」のCMが放映され、「マズい~、もう一杯」というお馴染みのフレーズが流れる中、テロップに「故八名信夫さん」と表示されたのだ。
八名さんは5月30日、JR岡山駅前で行われた同県産マスカットのPRイベントに出席したばかりで、もちろん俳優活動も続けているため、死亡説を流される謂れはない。

決定的なミスと言え、放送中から「まだ死んでないよね?」「勝手に殺すな」といった指摘がネットで相次いでなされ、八名さんの所属事務所「悪役商会」も6月6日の番組放送後、「『超頭脳トレード』という番組で、八名信夫が『故八名信夫』と紹介されていましたが、八名は健在で、現在も俳優として活動しております。この明らかな事実誤認につきまして、日本テレビに確認中です」という抗議文を公式サイトで発表しました。

実は八名さんをめぐり、「死亡説」が流れたのはこれが初めてではない。
それは映画「日輪の遺産」で演じた死期迫る老人の役が原因で、その時の演技があまりにもリアルすぎたことで心配したファンが死亡説を流してしまったそうですね。
これは八名さんも役者冥利に尽きるでしょうが、今回の死亡説はいただけない。
これで青汁人気にまた火がつけば笑い話にでもできるのですが、果たしてどうなるでしょうか。

なお、日本テレビでは「6月6日放送『超頭脳トレード』表記間違いについて」のタイトルで、「2016年6月6日(月)夜9時から放送した番組『超頭脳トレード』で八名信夫さんの字幕表記に事実誤認による間違いがありました。ご本人および関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫び致します」とする謝罪文を掲載しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ