青汁ダイエットなら、このタイミングで飲もう

青汁を飲んでいる方の多くが、野菜不足を気にして飲まれているかと思いますが、それ以外にも、特に女性の方は、ダイエットをしているときの栄養補給のために青汁を飲んでいるという人も多いのではないでしょうか。
でも、せっかく青汁のを飲むのであれば、青汁の持つ特性を生かしてダイエットに効果的な飲み方をしてみてはどうでしょうか?
今回は、ダイエットに効果的な青汁を飲むタイミングについてお話したいと思います。

まず、初めに結論を言ってしまいます。
ズバリ、青汁は食前に飲むことでダイエット効果を得ることが出来ます。
その理由の1つは、青汁に豊富に含まれている食物繊維の効果。
青汁に含まれている食物繊維は主に水溶性食物繊維なのですが、この水溶性食物繊維は腸で消化されにくいため、青汁を飲んだ後に食べた食事も含め腸での消化・吸収が遅くなることは、数々の研究や実験で検証されています。
本来、食事をし腸で糖などに分解して吸収すると、体内ではインシュリンというホルモンが分泌され、インシュリンは体の細胞に必要な糖を送り、余った糖は脂肪として蓄積します。
お米などの分解されると糖になる炭水化物を食べ過ぎると太るのはこのためです。
ところが、食前に青汁を飲んで食物繊維をとっているため、糖の吸収が遅くなり、結果としてインシュリンの分泌は抑制されます。
このため、余分糖を脂肪として蓄積するだけのインシュリンが分泌されないので、肥満を防ぐことに繋がるんですね。

また、食前に青汁を飲むと、それだけで多くの栄養が摂れますから、空腹がある程度満たされ、食べ過ぎを防止することができます。
人の体は栄養が足りなくなると空腹だという信号を送って、食事を摂ることを要求してきます。
しかし青汁で栄養を摂れば、その要求も控えめになるというわけですね。
自然と腹8分目の食事が身につくようになります。

もちろん、青汁の食物繊維には整腸作用や体内の老廃物を排出する効果もあります。
便秘になると皮下脂肪が過剰に蓄積されてしまい、いわゆるポッコリお腹になってしまいますから、それを改善出来ればダイエット効果もよりはっきりと表れます。

青汁を利用したダイエットは、極端な食事制限は必要ないため、とても簡単で続けやすいダイエットです。
ダイエットで減らしたい体重によって、毎食前に飲んだり、昼と夜の食事の前だけ飲んだりと、自分のペースで無理なく、楽しく青汁ダイエットで健康的でスリムなボディを手に入れてくださいね。

ダイエットに効果的な青汁ランキングはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ