青汁を飲んでいる方々の実態調査が公表されました

当サイトのランキングでご紹介している「ふるさと青汁」の製造・販売元であるマイケアさんが、青汁飲用経験者の男女470人を対象に、「青汁飲用に関する実態調査」を実施して、その結果を公表しましたので、ここでその概要をご紹介したいと思います。

  • 青汁飲用頻度:平均週4.6回
  • 青汁飲用のピーク:男性は50歳代(5.4回)、女性は35-49歳(5.1回)
  • 青汁を飲み始めた時期:全体37.8歳(男性37.5歳、女性38.1歳)
  • 青汁を飲み始めた理由:健康のため(52.8%)野菜不足解消(16.4%)
  • 効果があった原料:ケール(43.2%)明日葉(28.9%)大麦若葉(20.9%)
  • 飲みやすい原料:大麦若葉(40.2%)明日葉(28.5%)ケール(22.1%)

青汁を飲み始めた時期については上記の通りですが、青汁を飲み始める時期として、青汁飲用者が勧めるのは29.7歳と若い時からの飲用を薦めており、自分自身の経験や効果の実感から、若いころから飲むことをおススメしているようですね。

また、青汁を飲み始めた理由としては、上記の通り体を気遣って飲み始める方が大半ですが、その効果を実感できているかどうかという点においては、野菜不足解消を実感出来ているという回答が46.8%となり、約半数の方が効果を実感できていることがわかります。
一方で、「健康」や「便秘」については「効果を感じている」と答えた人が「効果を感じない」と答えた人を上回りましたが、「美容」「ダイエット」「むくみ」については、「効果を感じない」人の方が多いという結果となったそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ