青汁を牛乳に溶かして飲んでえられる効果とは

青汁には野菜に含まれている栄養が豊富で、健康にいいことは、皆さんもうご存知ですよね。
そしてその青汁とは別の栄養素が豊富で健康飲料として知られる牛乳。
では、牛乳に青汁を溶かして飲んだら、とても健康的なのではないかという発想になるのも当然至極。
そこで今回は、牛乳で青汁を飲んだ場合にられる効果やデメリットなどについてお話していこうと思います。

まずは、それぞれが持つ栄養価についておさらいです。
青汁の場合、使われている原料によって多少違ってきますが、一般的にはビタミンA、B、C、D、Eや葉酸、食物繊維といった野菜に多く入っている栄養素が含まれています。
そのため、普段野菜の摂取量が不足している方、お通じの良くない方、妊娠初期などで葉酸を多く摂取しなくてはいけない方などに効果的だとされています。
一方、牛乳に含まれている栄養素は、タンパク質、カルシウム、脂肪、必須アミノ酸など動物性の栄養素が多く含まれており、特にダイエットなどによって肉類の摂取を控えている女性などはたんぱく質や脂質が不足がちになりますし、加齢などによって骨が弱くなってきてしまった方などに飲むことが推奨されます。

ということは、野菜系の栄養素が豊富な青汁と動物性の栄養素が豊富な牛乳を一緒に摂れば一石二鳥、体に必要な栄養の多くを摂取できてしまうということではないでしょうか?
さらに、単に1+1=2ではない効果が青汁と牛乳の組み合わせにはあると言われています。
牛乳にはカルシウムが豊富だから飲んでいるという方も多いかと思いますが、青汁と一緒に飲むことでカルシウムの吸収率が上がる可能性があります。
カルシウムの吸収率は一緒に摂るマグネシウムとのバランスや、ビタミンDのサポートによって決まるのですが、青汁にはビタミンDがしっかり入っているものがあり、牛乳に溶かして飲むことで、カルシウムの吸収率を上げてくれるんですね。

ただ、一方でカルシウムの吸収を阻害するものとして挙げられる一部の食物繊維が青汁にも含まれています。
健康に良いからと過剰に青汁を飲むことはカルシウムの摂取を阻害する食物繊維も多く摂ってしまうことに繋がりますので、カルシウムを摂りたくて牛乳を飲んでいるという方は、青汁を溶かすのは1袋までにしておきましょう。

最後に直接的な効果ではありませんが、青汁を牛乳に溶かすメリットをもう1つ。
青汁の味がどうにも苦手な方、牛乳の味が苦手な方、いらっしゃるかと思いますが、青汁を牛乳に溶かすことで抹茶ラテ風味になって飲みやすくなります。
青汁も牛乳も飲み続けることで初めて効果が出る飲み物ですから、混ぜ合わせることで飲みやすくなり、飲み続けられるようになることが、実は一番大きなメリット化もしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ