青汁を夜飲むことによる効能

今回ご紹介するお話は当サイトのランキングにもある「不眠症を予防・改善できる青汁ランキング」に関係するお話です。

ランキングの中でもご紹介している通り、青汁の主成分であるケールには、睡眠ホルモンの“メラトニン”が多く含まれています。
本来、メラトニンは人の体内で作られる物質で、トリプトファン、マグネシウムやナイアシン、ビタミンB6といった物質から脳内でセロトニンという物質がつくられてから、夜にメラトニンに脳内で変換されるというメカニズムなのですが、ケールを摂取すれば、体内で作られるのを待つことなく直接メラトニンが摂れるのということです。
体内のメラトニンの総量が多ければ多いほど睡眠が持続しぐっすりと寝られるため、夜に青汁を飲む習慣を取り入れることで、不眠対策に繋がり、しっかりと寝られるようになるというわけですね。
また、ケールには体内をしっかりクレンジングしてくれる“クロロフィル”もたっぷり含まれているので、代謝の時間である夜に青汁を飲むことで、睡眠中のデトックス効果も期待できます。

さらに、メラトニンには強力な抗酸化力もあるので、睡眠を促してくれるだけではなく、アンチエイジングについても効果が期待できます。
日常生活の中でなかなか避けることのできない、排気ガス、紫外線、添加物などの老化を促進する活性酸素を生み出す外敵によって傷ついた細胞を睡眠中に修復し、体のダメージを翌日に持ち越さないためにも、青汁を飲んでメラトニンをたっぷり補給し、ぐっすり眠ることが大切です。

良く、寝酒などという言葉があるように眠れないときにはお酒を飲むという人がいますが、量を間違うと酒は眠りの質を著しく悪化させてしまいます。

なんだか眠れないというときは、お酒ではなく青汁を飲んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ