青汁とグリーンスムージーの比較

当サイトで青汁をランキング形式でご紹介するようになってからだいぶ経ちましたが、最近では青汁に類する飲み物として、グリーンスムージーを飲まれている方も増えてきているようです。
青汁と言うと昔からあるちょっと古臭い飲み物、グリーンスムージーというとオシャレっぽくて今どきの飲み物というイメージもありますが、実際に比較してみるとどのような違いがあるのか、検討してみましたので、参考にしてみて下さい。

青汁とは、グリーンスムージーとは

青汁とは、緑黄色野菜の搾り汁のことで、主な原料としては大麦若葉、ケール、明日葉といった栄養豊富だけれども、広く一般には食品として流通していないモノが利用されています。
それ以外にも、桑の葉や長命草、クロレラと言った栄養の多い葉野菜が原料のメインになることが多く、味の調整には抹茶が使われたりしていますね。
一方、グリーンスムージーとは、葉野菜とフルーツをミキサーで混ぜて作ったドリンクのことで、葉野菜としては小松菜やほうれん草、春菊や大葉など、フルーツとしてはバナナやリンゴ、オレンジなど、日頃から食べているモノを利用して作られています。
日頃から食べている食品を生のままで、より摂取しやすくするためにグリーンスムージーにするという考え方で、野菜だけでなくフルーツも摂ることでよりバランスよく、飲みやすくするという狙いがあります。

青汁とグリーンスムージーの違い

青汁もグリーンスムージーもコンセプト自体は近いものがあり、効能も似通っているのですが、青汁とグリーンスムージーの一番の違いはフルーツを使っているかどうかという点です。
色々なフルーツに含まれている独自の栄養成分(例えばブドウのポリフェノールなど)を摂りたいという場合や、美味しく飲みたいという場合、フルーツを使っているというのはメリットとなります。
一方で、フルーツに含まれる果糖は結構カロリーが高く、摂りすぎは肥満の要因となります。
したがって、ダイエット中の方はフルーツが含まれているというのはデメリットになります。

青汁とグリーンスムージー、どちらを選ぶべきか

これまで考察してきた内容を踏まえると、青汁を飲んだほうが良い方は、

  • 飲みやすさよりも栄養重視
  • ダイエット時の栄養補給をしたい人

一方、グリーンスムージーを飲んだ方が言い方は、

  • フルーツ味の飲みやすさが大事な人
  • 野菜だけじゃなく、フルーツの栄養も摂りたい人
  • という感じになるでしょうか?

    青汁を飲みたい方、グリーンスムージーを飲みたい方、どちらでもちゃんと適量を規則正しく飲み続ければ健康になれると思いますので、自分に合ったものを見つけてくださいね。

    青汁のランキングはコチラを参照してください
    おススメのグリーンスムージーはコチラを参照してください

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ