スタバからケールを使ったスムージーが発売されました

あのコーヒーチェーンの世界最大手スターバックスから、青汁の原料でもあるケールを使ったスムージーが発売されました。
といってもこれはアメリカでの話で日本ではまだ発売されていないんですけどね。

2015年3月31日、スターバックスがアメリカ4,300店舗で「ケール・スムージー」を発売したそうです。
ケールをメインの材料に、フルーツジュース、「ダノン」のヨーグルトを混ぜてスムージーにしているとのこと。
さすがにケール味では誰も飲まないので、野菜、ストロベリー、ニンジンマンゴーの3種類の味に仕上げており、価格はグランデサイズで、5.95米ドル(約720円)らしいです。
また、希望すれば生のケールを追加するというなかなか勇気のいるトッピングも可能となっていますので、健康重視の方にはぜひチャレンジして頂きたいですね。

3月31日発売ということで、エイプリルフールの冗談だと思った人も多かったほど、飲みたいという気にならない「ケール」の存在感なのですが、青汁の認知度が高い日本なら結構受け入れられるんじゃないかと思うのは、私だけでしょうか?。
健康志向の人なら気になるカロリーも170~230kcalと、フラペチーノなどと比べれば、半分以下ですし、脂質もほとんどなく、砂糖も一切加えられていないので、普段スタバに行かない人でも試してみたくなるのではないかと思います。

日本での発売は未定ですが、アメリカでの評判に関わらず、ぜひ日本でも発売して欲しいですね。
もし、発売されたら私が責任をもってレビューしますので、お楽しみに!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ