大麦若葉青汁の驚くべき効能

大麦若葉の青汁はなぜ体によいのか・・。
簡単にいってしまえば、現代人に不足しがちな栄養成分や現代人が必要とする栄養成分を含んでいるからです。
それに加えて、余計な化学調味料や、体の害になる残留農薬などが含まれないように、無農薬で栽培された国産の大麦若葉を使用しているので、安心・安全に豊富な栄養を摂取できるんですね。

それでは、体にいいものってなんでしょうか。
大麦若葉の青汁には、「こちらの表」で見てもわかるように、タンパク質、脂質、糖質(炭水化物)の3大栄養素のほかに、カロチン、カルシウム、鉄などのビタミン類やミネラルが豊富に含まれています。
そして食物繊維が多いこともわかるでしょう。
このように栄養素が量だけではなく、質的にも優れた成分が多種多様に含まれていますので、他の食品のように「これは豊富だけど、あれは入っていない」ということが無く、青汁を飲むだけで体が必要としている栄養がすべて摂れてしまうのです。

したがって、「こういう症状になってしまったらこの食材を食べましょう」とか「あの病気を予防したいと思ったら、この食材を食べて、この栄養をしっかり摂りましょう」といったことを考える必要が無くなります。
野菜を摂ることで摂取できる栄養素のすべてが大麦若葉の青汁には含まれていると言っていいので、様々な病気の予防のためには、青汁を毎日飲むだけで良いということになります。
そして万一、体調が悪くなってしまった場合にだけ、その症状を和らげたり治したりする成分を特に多く含む食材を意識的に多く摂るようにすればいいんです。

栄養学的にみて、人間は1日に350グラム以上の野菜を摂取しなければならないといわれています。
しかし現実にはどうでしょうか。
食生活が「欧米化」することで、その必要量の2分の1や3分の1にすぎなくなってしまっていますし、量的に350グラムという量は多すぎて食べられないという人も増えてきているのが実情でしょう。
現代人は野菜が不足しているのです。
この野菜不足の積み重ねが、慢性的な栄養不足に繋がり、万病のもとになっているといっても過言ではありません。

そんな現代人に、豊富な栄養素を含む大麦若葉の青汁が、たったの1日1杯で野菜不足を補ってくれるのです。
それでは、青汁が一体、どのような病気に効くのか、どう健康な体を維持するのに役立っているのでしょうか。
大麦若葉の「青汁」を飲んでいる人の体験談を次の項でご紹介しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ